くれない

花と星と夕日と鳥

駆ける

 

 

 

人生初☆ライブのハシゴ。

う〜〜ん、色々とよかった。(泣)

 

グリムスパンキー良かったし途中で泣くし(笑)、ギターの人総さんと同じ匂いがしたし、

フジは夜の中へと打ち上げ花火とSurrenderでフジ流ロックンロールなセトリだし、

ペーパー山内はみんなにご利益を与える神だし、ダイちゃんはキャスト↑だし、加藤さんは痩せてたし(?)、

アンコールは聴けなかったけど環七やったみたいだし( ; ; )ぬおおお

ダイちゃん×ドラゴンポテトだし、私はもらえなかったけど!(根に持つ)

近々何やら発表あるみたいだし?あああ

フレパ1日目は予想以上に大満足だった!!!

 

そしてガンダで向かったandropはTara-Reba間に合ったし、大好きなRadioとWaltzもまた聴けたし、すっごく久しぶりに雪のない街聴けたし、Tokeiはちゃんと声出てたし、演奏してない伊藤さんと佐藤さんもリズムとってて、ああこれがバンドだなって思ったし、

Kitakaze sanが聴けたのは振替公演のおかげだし、Oneは体が勝手に揺れていたし、SOS!は本当に楽しかったし、内澤さんも「肩の荷が下りた」って、本当にこの日まで何か張り詰めてたんだろうなと思ったし、無事に終えることができて本当によかった。

 

ビルボードのあの日から、今までにないくらい行き詰まることが沢山あったと思うけど、そんな中でも最高なアルバムを作って出して、素敵なライブを沢山やって、今日が迎えられて、半年かけて長い暗闇からようやく光が射したような、そんな気がした一夜だった。

今日になったから行けない人もいたし、逆に今日になったから行ける人もいて、全ては偶然かもしれないけど、それでもできてよかったってみんなが思えてたらいいな。

やっぱりビルボードと比べると音響とか雰囲気とかどうしても劣る部分はあったけど、それでも行けて良かったなって私は思えたし、リベンジという意味でもまたやってほしいなって思えたライブでした。

最後に、終演23時頃でduo付近ピンク街なの心配した内澤さんが「この辺危ないんで、、自分を大事にして帰って下さい!」って言ってたのクソ笑った。内澤さんらしい。

あと佐藤メンバーはアダルトな会話に敏感。相変わらずですね()

 

これで本当にひと段落なので、あとは夏フェスまで体大事にしてほしい。。みんな、死んだらどうにもできないからな!長生きしろよ!!

 

最高な音楽に浸けられて、渋谷を駆けずり回った甲斐があったー!(笑)