読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くれない

徒然モノローグ

あなたに会えた日

内澤崇仁 『one and zero』 アコースティック androp KEYTALK シナリオアート フジファブリック



気付けばもう12月ですね。

最近はandropはアコースティックでRadioやってくれるしフジはブルーのアコースティックとパイプオルガンやってくれるしKEYTALKはインディーズ全盛期やってくれるしシナリオアートは夜景の中アコースティックやってくれるしこりゃもう私得だわな。
レディクレ外れたけど(⌒・⌒)
声を大にして言うと、みんなアコースティックワンマンやってくれえええええ!!!(KEYTALKはEP3までの曲を無限ループでやろう)


one and zero発売から三年かあ。
色々と特に思い入れのあるアルバムだなー。
一番繊細なアルバムかなと思う。

当時キンプレでレアキャラと化し時々猫グッズの話を振られる程度だった内澤さんが今じゃテレビで無言でスムージーを飲み時々微笑むって

あれ何も変わってない。
髪は伸びたけど。(今すぐ切ろう)

素晴らしい曲を届けてくれるところも何も変わってない。本当に意味わからんくらい、この世のあらゆるものの中で最も純粋な成分で出来てるんじゃないかなと思うくらい(?)澄んだ人だなぁと、勝手に思っております。
そこに技術とか、クリエイティブとか反骨精神とか猫好きとかポン酢好きとか色々加わって内澤さんができているんじゃないでしょうか。

急いでないから、これからも聴いたことがないような新しい曲を聴けたら嬉しい。生きているうちにもっと内澤さんの音楽に触れたい。andropがずっと続いて新しい景色に導いてくれるのならそんなに嬉しいことはない。
とは言え穏やかに生きていれば何よりなんですよ。
私も恥じないように生きたいです。

生まれてきたことに、生きていることにありがとう。
私も生きててよかったよ。
生きててよかったなって瞬間が内澤さんに幾度も訪れることを願う。
つらいこと悲しいことあったら私がそれを抱きかかえられるような人間になりたい。
一緒に行こう、って手を引けない時は私が引ける人でいたい。
今まで何度も、そうやって照らされてきたので。

andropは私にとって代わりのいない、かけがえのないバンド!

内澤さん、お誕生日おめでとう!*1 素敵な一年を!


*1:過ぎたけど